秦野英語塾 少数精鋭個人塾

秦野英語塾 少数精鋭個人塾

全てのクラスで、

指導教科を英語に限定しています。

秦野英語塾は個人塾です。

多くの講師がいるわけではなく、

全ての生徒を私岩田が担当します。


一方で、予備校や大手塾では、

多くの講師がそれぞれの生徒を

担当するかと思います。

様々な高校がありますが、

多くの生徒が1つの教室に集まり、

授業内容が同じ集団授業を

受けることになるでしょう。

私立大学受験…

国公立大学受験…

検定試験対策…

そして学校別対策などなど…

その全ての要望に応えることなど

決して出来ません。

たとえ出来ると言っていたとしても、

指導の中身は本当に希薄なものと

なっていることでしょう。

それが大手塾、予備校なのです。

私にはよくわかります。

20年以上、講師をしていましたから…


秦野英語塾は違います。

広く浅くの指導ではなく、

せまく深く、生徒ひとり一人の

学習について細部の細部まで

こだわり抜く個人塾です。

生徒人数を制限し、

そこに力を尽くすことにより

生徒に集まってもらう

少数精鋭個人塾なのです。


「大手塾・予備校=質問できない」

これは紛れもない事実でしょう。

講師は授業が終了すると

すぐに講師室へと帰ってしまい、

質問するにはそこへわざわざ

出向かなければなりません。

そしていざ質問しようと思っても、

他の生徒がおり、自分の番まで

待たなければならないことも

あるでしょう。


秦野英語塾は違います。

当塾には講師室などありません。

(作ろうとしても

作るスペースなどないのです。)

よって質問するのは非常に簡単です。

そもそも授業中にも質問出来ます。

「質問をするのが恥ずかしい…」

そういった生徒も中にはいるでしょう。

その場合でも、私から課せられた

プリントやミニテストの結果から

疑問点がすぐに分かります。

私がすぐ横に常に付いて

指導をするという環境ですので、

手取り足取り面倒見続けることが

出来るのです。


一方、秦野英語塾には

様々な高校に通う生徒が

通塾しています。

具体的に一部、紹介します。


中高一貫・私立高校

自修館、平塚中等、相模原中等

日大藤沢、桐光学園、

玉川学園、法政国際、

向上、相洋、平塚学園など。


公立高校

秦野、厚木、小田原、平塚江南、

伊志田、秦野曽屋、足柄など。

お問い合わせ

     現状ぬるい、改善したい、塾が合っていない。みなさん。必要なのは環境の変化です。