秦野高校 みなさんへ

秦野高校 みなさんへ

秦野高校に通う生徒のみなさん。

定期テストが終わりました。

テスト結果はどうでしたか?

部活動が忙しくて

全然勉強が出来なかったという

人も中にはいたかもしれません。


秦野英語塾は秦野高校の進路や

カリキュラムにはもちろん、

学校で使用する教材にも

対応した授業を行っています。

英語表現の文法問題も、

コミュニケーション英語の教科書問題にも

対応しています。

秦野英語塾は

大手塾や予備校とは大きく異なり、

秦野高校クラスという

学校の授業に特化したクラスを

設置しているのです。

授業は最大4名の少人数制で、

教師(私)と生徒が

双方向でコミュニケーションを

取りながら授業が進めます。

みなさんが疑問に感じているところを

中心に解説をするので無駄がありません。

授業は全て、講師歴20年以上の

責任者(私)が担当しますので、

質についてはご安心ください。


みなさんの中には、もうすでに

他の塾や予備校に通っている人も

いるかもしれません。

その塾の授業は

高校のカリキュラムや教材に

対応しているでしょうか?

「一般入試に向けた勉強のため」の

共通テキストを使っていませんか?

そして授業がある曜日が固定され、

たとえテスト前であっても

いつも通りに授業があり、

「やりたい勉強が出来ない!」と

困っていませんか?


予備校や塾の授業では

基本的に高校別対策は

していないでしょう。

クラスでの人数が多いため

対応することが出来ないのです。

秦野高校ではない高校に通う生徒も

同じクラスで同じ授業を

受けていることでしょう。

全ての高校に対応出来るよう

授業を進めるため、

進路がとても速いでしょう。

私には過去に大手塾で

働いていた経験が20年以上あります。

当時、話していたことがあります。

「あくまで一般入試がメイン。

学校の定期テストにカリキュラムを合わせて

授業をすると、受験に間に合わない!

たとえテスト前であったとしても、

一般入試に焦点を合わせて

勉強をする必要がある!

よって、テスト前かもしれないけれども、

授業は先に進めます!と…

しかし、本当にそうでしょうか?

定期テスト前にテスト範囲の

勉強をしたいと感じながら、

予備校や塾の授業を受ける。

定期テストの範囲とは

異なる勉強をすることになる。


私は強く感じます。

これでやる気が出るのかと。

本当に効率が悪いと。

まずは定期テスト範囲の内容を

完璧に仕上げ、その後

一般入試に向けての勉強を行う方が

良いのではないかと。

当たり前のことですが、

学校の進路に合わせて勉強をすれば、

学校の成績は確実に上がります。

一般入試で志望校に合格出来る

実力を身につけることが出来るでしょう。

定期テストでの勉強を優先したため

一般入試でうまくいかない…

そのようなことはまずありません。

お問い合わせ

     現状ぬるい、改善したい、塾が合っていない。みなさん。必要なのは環境の変化です。