新高1 みなさんへ①

新高1 みなさんへ①

新高校1年生となるみなさん。

英語の勉強の調子はいかがでしょうか。

得意な人もいれば苦手な人もいると思います。

色々な人がいるかと思いますが、

高校での英語の授業は、

中学のものとは全くもって比べ物に

ならないほど難しくなるのです。


例えば英単語。

中学英語で目標とされるのは約1500語。

その一方で高校英語での目標は

約5000語にのぼるとされています。

シンプルに必要暗記数だけを見ても

それこそ倍以上覚えなければなりません。

さらに、「play」や「happy」のようなものではなく、

「ubiquitous」や「anonymous」のように

複雑で暗記し難い英単語が多々出てきます。

このように、高校英語の難易度上昇により、

中学時代には英語が得意であった筈なのに

高校では苦手になってしまった…

という人が少なくないのです。


そして、高校入学後には中学の時よりも

多くの教科を学ぶことになります。

現代文・古文・漢文・物理・化学・生物・

日本史・世界史・現代社会・倫理・

そしてもちろん、数学・英語…

これら全て勉強しなければなりません。

生徒のみなさんの中には、

楽しく自由な高校生活を送ることに

憧れていたかもしれませんが、

実際には、高校での勉強が忙しく、

思うように時間を取ることは難しいのです。


ここで、大切なことを伝えます。


高校1年生は英語の勉強だけしてください。


…少し極端な表現かもしれません。

定期テストに向けてはもちろん

他教科の勉強も必要になります。

赤点を取ってしまえば、

大学受験どころか進学さえ出来ません。

しかし、大学受験を見据えると

高校1年生の時に、

英語を重点的に勉強するというのは

効率の良い方法なのです。

その根拠を示します。


お問い合わせ

     現状ぬるい、改善したい、塾が合っていない。みなさん。必要なのは環境の変化です。