新高1 勝利してなお後悔

新高1 勝利してなお後悔

私立高校入試が近づいてきました。

その先には公立高校入試も行われます。

生徒のみなさん、

最後の最後までやり切りましょう。


自分自身の限界までやり切った…

それはあり得ないことなのかもしれません。

努力とは、やればやるほど不安させるもの…

やればやるほど足りていないものを

見せてくるものなのです。

一番努力をした人が、一番後悔してしまう…

ひょっとするとそのように

なってしまうのかもしれません。

しかし、漠然と何となく受験勉強してきた

という人には分からない世界を、

本当に努力をした人は見ることが出来るのです。


手を抜いてしまった時期を

思い出すかもしれない。

集中しきれなかった時間を

悔やむかもしれない。

後悔しきれないほどの後悔を

するのかもしれない。

しかしそれでも私は思います。

どれほどの努力をしても、

後悔する時はする…

それでも後悔しないように

全力で頑張ってほしいと。

本当に単純な言葉でしか

励ましの台詞を表現出来ない私は

まだまだ経験が足りません。


生徒のみなさん、合格を勝ち取り、

それでもなお後悔するような努力を

最後の最後まで続けましょう。

自分自身やり切った!

これ以上の努力など出来ない!

これでは本当の努力と言えないかもしれない。

自分はもっと出来たのではないか。

もっと早くから努力をしていれば…

もっと早くからエネルギーを注いでいれば…

もっと高いレベルに

到達していたかもしれない…

そういった後悔をするような努力です。

これほどの努力が出来た人ならば、

高校に入ってからも次の目標に向けて

最大限の努力が出来るのです。


勝利してなお後悔をする、

そのような努力を最後まで

継続していきましょう!

お問い合わせ

     現状ぬるい、改善したい、塾が合っていない。みなさん。必要なのは環境の変化です。