新高1 みなさんへ③

新高1 みなさんへ③

英語の勉強方法について具体的に説明します。


まず第一に英単語の勉強方法についてです。

言うまでもないですが、英単語は大事です。

英単語の意味をまともに覚えていない状態で

英語読解をしようとしても、

わからない単語を調べて読まなければ

ならないため、勉強効率が良くありません。

英単語を1回1回調べてたら

時間ばかり経ち、日が暮れてしまいます。

よって最初は英単語の勉強のみ

していても良いのです。

それぞれの高校で指定された英単語帳を

一冊購入することになるかと思います。

英単語帳自体は何でも構いません。

繰り返しになりますが、

高校で暗記するべき英単語数は

約5000語です。

こんなに覚えられるわけがない…と

嫌気がさした人もいるかもしれません。

しかし、まだまだ高校1年生なのです。

焦る必要はありません。

英単語は時間さえかければ、

誰でも覚えることが出来るのですから。


さて、ここで1つ注意点があります。

英単語帳を1日1ページずつ、

コツコツと毎日覚えよう…

これは一見すると良いように思えますが

個人的にはおすすめしません。

人間という生き物は

必要のないことは覚えられません。

そしてそのようなことはすぐに

忘れてしまう生き物なのです。

そして、勉強開始して最初のうちは

良いかもしれませんが、

今日の分は明日やれば良いか…と

怠心が生まれ、飽きがきてしまうのです。


ではどのように暗記すれば良いのでしょうか。

私が考える暗記法はこうです。

まず1日で覚えられるだけ覚えます。

この時には完璧に覚えようとする必要はありません。

スピード重視で、数を絞って覚えていきます。

10個覚えてはテスト…

10個覚えてはテスト…

これをひたすらに繰り返します。

この方法であれば1日で

300個から400個ほど進めることが可能です。

そして、次の日。

前日に覚えた英単語をテストします。

英単語を見て日本語訳が出ればクリア。

忘れていた英単語はチェックをしておきます。

そしてテスト終了後に

忘れていた単語の意味を覚えなおし、

その後にまたテストを行います。

これが英単語を覚える勉強法なのです。


これは本当に大変そうだな…と

思う人もいるかもしれません。

しかし、これを愚直に繰り返して勉強を続ければ

正確な英文読解を行なうことが出来るのです。


お問い合わせ

     現状ぬるい、改善したい、塾が合っていない。みなさん。必要なのは環境の変化です。